スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

▶ PK・PvP、現状のPTプレイについての個人的意見

▶ PK・PvP、現状のPTプレイについての個人的意見

どうも、昨日 ラペルズGMブログ の過去記事に色々目を通していました。

ラペルズGMブログ
ラペルズ国勢調査 なんて記事もあってとても楽しかったです。

そこで、ひときわ興味ある記事を見つけまして。
こちらかな→ PKをめぐる考察
2013/10/7 の記事ですから、今から約1年くらい前のものですね。
そんなに古いものではない。

この記事では、GMグノシエンヌさんのPKにたいする考え方や、開発側の考えを知ることが
できました。そして、GMグノシエンヌさんはとても真っ直ぐで一生懸命な方だなという印象
を受けました。

今回はこのPKについて、遅ればせながら自分なりの意見を述べていこうと思います。


PvP派とNPvP派、両者の負担

いきなり厳しい意見から入るようで恐縮ですが、落ち着いて読んでもらいたいです。
えっと、まず基本的に運営さんが望むようなバランスを考えてPKしてる人なんて居ないです。
そんなものを要求されたら面倒くさくってダルくて、PKする気が萎えます。
自分がPKerだったら、殺したい時に好きなだけ飽きるまでPKしまくります。

基本的に (初心者エリアではなく) 大陸にいるプレイヤーなら、Lv関係なく仕掛けます。
手応えのある面白いPvPが出来たプレイヤーは登録し、集中して狙う事もあります。
粘着して獲物を仕留めようとする事も、そうした関り合いの中で粘着され命を狙われる事も
MMO世界においては、人が織り成す 「物語の一部」 です。
それなのに、

 粘着PKはダメー!
 弱いキャラをPKしちゃダメー!
 PK増えすぎだから、PKの頻度とPKer数を個人で調整して~!?


「……(゜д゜;)ェ? 面倒くさ…」 と、 これはナニソレ状態。

「プレイヤーのモラルに任せる」 という言葉は、ちょっと聞くと良い様に思えますが
実のところ、MMOにおいては 『拘束的でいい加減なもの』 なのです。

一方、望んでもいないのに、イキナリ無理矢理にPvP(争い)に持っていかされる
という状況は、望まないプレイヤーにとって非常なストレスとなります。

日本は海外とは違い、PvPを好むプレイヤーは少数派に属します。
特に古いMMOになればなる程、プレイヤーの平均年齢が上がってきて
若い頃のような血気盛んな好奇心を保てなくなってきがちなのですね。
リアル環境と気持ちの関係で、そこに労力を費やすのが難しくなってくるのです。

 「昔は暴れたけど、今はただ平穏に過ごしたい」

そういうプレイヤーが多くなってきます。
それでもたまに、PvPを楽しむのもいいかなという気まぐれが起きる。
ラペルズであれば、シージに参戦してみようかなとかそういう感じです。

つまり、PvPしたい時は、PvPが出来るコンテンツで楽しむ。
NPvP派のプレイヤーにとっては、その時々で、自ら場所を選べるのが理想なんですよね。

それなのに、望んでもいないのにイキナリ無理矢理にPvP(争い)に持っていかされる
という状況は非常なストレスとなる。
これが、事の真相なのです。



PKによって過疎化の一途をたどるゲーム

10年サービスが続いている日本の某MMOでは、PK行為によっての箱(ギルド)解散、
プレイヤーの引退が相次ぎ、過疎化が深刻化し、非常に大きな問題となっています。
現在でも公式(GMブログ含め)、したらばといった掲示板で論争が繰り広げられています。
これ貼ったらバレバレですが 【こちら】 に目を通していただければ。
※よく表示の不具合が起きるGMブログなので、記事が表示されていない場合は
時間を改めてみてください。


まぁ…、それだけが過疎の原因ではないんですけどね。
そこについては 他の雑談記事ですでに述べているので、ココでは省きます。
興味のある方は 「以前やっていたゲームのこと」 ←の記事をご覧ください。


幸い (それを幸いといって良いのかですが) ラペルズでは、PKerをほぼ見かけません。
今の自分は、アレコレ仕掛けられるのが面倒なので助かっていますが。
たぶんそういう環境になったら、残念ですが、ラペルズをやめるでしょう。

───以上のことから、やはりラペルズのような質のMMOを日本でサービス展開しよう
とするならば、全世界共通で、運営側は無難に、プレイヤー達に対し 「住み分け」
環境を提供してあげる事が大切なのではないかと思っています。

"PKは仕様だから仕方がない" と収拾させて、PK派とそうじゃない派にモラルを
押し付けたり、そうじゃない派にPvPを理解してもらってあわよくば参加してもらおうと
難しい事をするのではなく、まずそれぞれに適した環境を用意してあげるべきだと、
自分は思っています。



在るべき場所でこそ華やぐ、その存在

そしてここが重要なのですが、「住み分け」 が実現した場合、PvP環境において
「さらにPvPが楽しくなるような仕様を投下」 する事です。

また例えば、PvP・NPvP両方の場において、決まったLv帯のキャラクター同士だけで行える
シージのようなものを各Lv帯で実装するとか。 この部分についてのその他のアイディアは、
現在シージで活躍しているプレイヤー達の意見から生み出すことができるはずだと
自分は思っています。

以上が、PKについての個人的意見です。



現状のラペPTプレイについての他プレイヤーの悩み

PTプレイについても、触れておきます。

自分は、現状のラペルズのPTプレイについて、他のプレイヤーさんの悩みやご意見を
ゲーム内やこのブログで受けた事があります。
ただ自分はまだラペルズを始めて日が浅い身でありますし、各職のスキルなどの知識も
乏しいですし、ソロ派でプレイしておりますので、何ともお応えし難い状況です。

ただ受けたお悩み・ご意見の他に、過去の公式BBSを見たり、ゲーム内のPT募集を
眺めていたりしていてそれとなく (こうだろうな) と感じられた部分はあります。
何気に自分もMMO歴ながいですので。


やはりソロ派であっても、自分と違ったプレイスタイルのプレイヤーさん達も、
自分と同様にラペルズが大好きであるのだと思いますし、その点については聞き流さず
自分なりに ではどうすれば現状の壁を薄くしていけるのか? またその他の部分の
問題についても、現在プレイしながらアイディアを試行錯誤している最中であります。

ただ 「現状のPTプレイの壁を薄くするには?」 については、これは確かにゲーム仕様も
関係している所がありますが、自分にはプレイヤー間の意識も関係しているように思えます。
例えば、(シクルトパスがないと) (武器をやペットを強化してないと) (足が速くないと) 気軽に
PTに参加できない野良環境が広まっている、とかです。

これがもし本当なら、確実にラペルズの寿命を縮めています。
非常に問題です。
MMOにおいてPTプレイとは、とても重要なファクターです。
ここに 気軽さと楽しさ がないと、ゲームはどんどん過疎ります。

もしこれが本当なら、ギルドに入ればいいじゃない という問題ではありません。
そういう問題では、ない。
そんな簡単な話で済ませられる話ではないのです。
なぜなら、色々な環境の人がいるからです。

「ギルドに入ればいいじゃない」 という答えだけを持って時が経てば、
いずれそのゲームは人が減り、一部の好き者だけで世界が成り立つ状態に陥ります。



開発側の意図と、兼ね合い

他にも、PTするとあっという間にLv150になってしまって面白くない
結果、世界が狭く感じられ、飽きがきてしまう とか。

然しながら、Lvがある一定域まで早く上がるというのは、長年続いているMMOでは
"新規と既存プレイヤーの格差をできるだけなくす"
という意図があるので、
一概に悪いとは言えない。

となるとやはり、そのMMOにとって一番の問題は 「PT参加の敷居が高い」 ことと、
もう1つ、様々な要因 が重なって起こる 「プレイヤー数の減少」 だと思います。

プレイヤー数の減少については特に、運営さんは そうだねぇ、もっと人増えるといいねぇ~
といった意識でいつまでもいては、やはりだめで。

過去の記事でも言いましたが、その仕様がすべての国でウケるわけではない ので
各国の運営陣は、その部分のフォローをいかにしていくかを思考するわけですが、
良いイベントなどを企画しても、個人的に頑張ってるなという印象はうけますが、それでも
残念ながら 限界 があります。

根気よく、既存ユーザーに楽しんでもらえる良いイベントの企画を続けていくのは、
もちろん大切です。 そこを疎かにしてはだめです。
でも、やっぱりそれだけでは限界がある。
ここで自分が言う限界とは、同時接続数の継続的上昇が見込めない という意味です。

どの国でもその仕様がウケるわけではないから、例えばその仕様にした事で日本の
ラペプレイヤー人口が減っても仕方ない、他のウケている国での売上でカバーしよう、
というしのぎ方もあるにはあると思いますが、運営にとってもプレイヤー側にとっても
それはあまり 「良い」 とはいえない傾向です。

当たるも八卦当たらぬも八卦、流れに身を任せるという感じに物事が傾いていくことは
可能な限りに避けなければならない。

いくら新作MMOが出てこようと、やはり良いゲームからは人は離れにくいものです。
特に日本人は味のあるものを長く好む傾向にありますので。
やはり各国のプレイヤー達が真にどういう環境を望んでいるのかよくリサーチし、都度
現状これが最高だとするものを提供し続けていくことが必須。

その国ごとに何が過疎化の要因となっているのか、そうと思われるものを
しらみ潰しに挙げていく事も必要です。


余談ですが、一部の海外ホテル会社の新人教育では、人種リサーチが徹底されています。
まぁ、当然っちゃ当然か。



おしまいに

以上いろいろ綴りましたが、物事すべてには理由があり 必ず、何か打開策があるもの です。
それを見つけ、実行に移すことが重要な鍵だと見ています。

すでにもう、運営側だけではなく、プレイヤー側も意識をして色々とその部分について
考える時期がきているのではないでしょうか。

どうあればラペが楽しいのか?
どうあれば今以上に活気づくのか?


今一度、個人それぞれの胸に聞いて、思考をめぐらせてみて
アイディアを思いついたら実践し、声を運営に届け、運営もそれに応え交渉で最大限に努力をし、
プレイヤー側とJP運営側で協力してラペを盛り上げていくのが、思い出と今を守る最高の盾になる。


そんな気がする今日このごろです。
自信をもって人を呼べる、そんなラペにしていけたら良いですね。


以上、長くなりましたがこの辺で!


=>トップの記事選択に戻る


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

PKに関してはいろんな意見がありますね。
する側にも、単純に他人への嫌がらせ目的だとか、刺激を求めて襲撃をする人だとか。

ちなみに、私はPKに関しては賛成派です。
Lvカンスト、レアアイテムや装備で全身ガッチリ固めてボスも余裕で倒せる。
そうなったらあとは何をする?

答えはNPCにはできない動きをするプレイヤーとの闘いですよね。
ぶっちゃけちゃうとNPvP仕様ではボス倒したらゲームクリアも同然かと思います。
だからPKの存在は必須だと思ってます。

日本じゃPvPはオマケ程度にしか考えてない人多いけど、海外じゃPvPがメインなんですよね。

Re: NoTitle

> ちなみに、私はPKに関しては賛成派です。
> Lvカンスト、レアアイテムや装備で全身ガッチリ固めてボスも余裕で倒せる。
> そうなったらあとは何をする?

自分もPKは賛成派です。
問題は 「選べるか、選べないか」 そこに尽きるのだと思います。
実際にPKトラブルが理由でゲームを去るプレイヤーも多い。
「PKシステムがあるから先にも楽しみがある、真のエンドコンテンツだ」
というのも一理あるのですが、だからといって何も対策しないままNPvP派の理解を待つ、
それでは全体のゲーム人口は必ずといっていい程、どんどんと減っていきます。

なので 「住み分け」 ができる環境づくりというのは非常に重要だと思うのです。
通常のプレイに飽きが来たら、PvP推奨の環境へ移住して楽しめばいいだけですので
とても話が簡単なんですよね。

各国毎に、住み分けが目的のワールドの設置数を顧客のニーズに合わせて考えればいいのではと。
そんな風に思います。

Re: NoTitle

今のラペルズはPKerがほぼ居ないのでアレですが、
それでもシステムが生きてますからね。

以下はあくまで例なので、真に受けないでもらいたいのですが ↓

▶カーバンクルサーバー(JP)をフィールドでのPKが不可能なNPvPにする。
▶一方、ソロ鯖と言われている、人の少ない現在のライディアンサーバー(JP)を、
フィールドでも自由にPvPが行えるPKサーバーにする。
▶希望のサーバーに資産含めキャラが移動できるサービスを常設する(有料)。

といった感じ。

移住先でキャラクター名が被る場合は、移住申請した側がキャラ名変更をする。
名前を変えてのキャラ売り目的などの問題については、そんなのは今に始まった事ではないと
思うんで、深く考える必要もないかと。

PvP(修羅)の世界でずっとやってると色々あるものですし、やっぱり人間ですから
逃げ道を作っておいてあげるのは必要だと思うんですよね。
以上あくまで例ですが(-_・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

おお…またまたご先輩のラペプレイヤーさんから。
コメント有難うございます!

全ての内容に納得、とても共感できました。
特に思った部分、以下一部文章を引用させていただきますことお許しください。

>まぁ最もそれだけが理由ではありませんが、やっぱり「日本で言うPKとはなにか?」なんですよね。
>PK専用フィールドで、よっしゃPKやるかー!やるやつこーい!みたいな感じであるなら、
>だれでも楽しめると思うんですよね、強い人にボコられて強くなっていつかは倒すからな!とか、
>逆に弱い人の連携で強い人を倒すことができたら、それはそれで楽しいと思いますしね。
>口ではいくらでも言えるけど、本当に好きなら好きな物同士張り合ったほうがPKとしても成り立って
>楽しいと思いますね。

自分もそう思います。
1つあるとすれば 「PKが好きなのか」「PvPが好きなのか」 という所だと思います。

>無抵抗な相手を斬るだけで「PK好きの集まるクランです」とか正直反吐が出ますよね。
>好きとか言ってる割に、不利になった途端消えだしたりするやつも居たり。

居ますね。
きっとそういう方達はPvPが好きというよりも 「PKが好き」 な部類なのですね。
人は色々ですので、そういうプレイヤーが出てくる事もまた自分にとっては想定の範囲。

自分がPKerだと仮定した感覚でいうなれば 「Lv問わず、自分に分相応な相手を探す旅」 と
言うんでしょうか。
そこで見つけた好敵手には、当然興味を惹かれ、集中して狙う、宝物を見つけた感覚です。
思い出として、そして戦果として相手の名前を添えてSSを記録にも残したいと思うものです。
その結果にどうコメントを加えるかは、またそれも人それぞれだとして。

これは純粋なPKerとしての感情なのですが、これも 「粘着行為」 として通報され処罰されるようなら
PKer側から言わせれば、それこそ 「PKを公認しておきながら口だけじゃないか」 になってしまうんですね。

ENDさせたコレクション写真ですが、キャラ名付きでブログで晒す事を嫌うプレイヤーも居ることから
そうした遊びを責められることも多いです。
が、NPvP派の気持ちも良く理解しているので、お互いの為にも 「住み分けの必要性」 を述べたのです。

修羅の国を作る。
疲れた時は休めばいい。
逃げ道としての安らぎの場を常設する。
これが、一番良い解決方法だと思ったんです。


ラペPTプレイについてのご意見・情報もありがとうございます。
こちらも、以下一部文章を引用させていただきますことお許しください。

>でも「○○以下は寄生」「こいつのPSは地雷だ」とかそんなんばっかじゃ、
>誰も参加したがらないですよね。
>まぁ課金で廃OE装備、高レベルペット持ちが当たり前といわれたら、新規なんていつかないですよね。
>きつい狩場だからしょうがないとは思うんですが、そういうのが多すぎると萎えますよね。
>もうちょっと正直、少数orソロでも狩りやすいダンジョンの実装などをしてもらいたいところです。

それが慢性化しているならば、実に深刻な状態ですね。
是非そのご意見を、公式サポートから送って欲しいです。
今回の記事内容は自分は既に送っておきました。

現状の改善をはかるには、新たなバランス調整も少なからず必要となってくることでしょう。
よく知るプレイヤーの意見が、一人より二人、多ければ多いほど開発側を動かす力となると思います。
諦めず、ラペPT状態を改善したいという方々の力が、今のラペには必要だと思います。

またそれについての運営側の見解も気になる所です。
その点についてどうなのか、GMさんにはブログで記事にしてもらいたいですね。


いただいたコメント、最後の部分についてですが、自分もしっかりチェックしてました。
あれは偏りをなくす意図もある故の内容という感じですね。
いかんせん、スパンが長すぎました。
運営・プレイヤー双方の今後の動向に注目したいところです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。